• 戸奈公認会計士事務所 ホーム
  • 経営理念
  • 業務内容
  • 事務所案内
  • GFSとは
  • SFCとは
  • 経営理念
  • 経営理念

  • ISO14001認証取得
  • 1. 経営改善に前向きなこと

  • 決算書や税務申告書を作成することは、会計事務所の重要な仕事ですが、より重要な事務所の使命は会社を
    より生き生きした組織にしていくことの手助けをすることです。
    そのためには、会社を理解し改善のための具体的な提案ができなければなりません。
    事務所は、以下の流れで会社を変えていきます。
    会計事務所の役割も重要ですが、何よりも経営者が経営改善に前向きであることが必要なことを
    忘れないでいただきたいと思います。

  • 1. 決算書図形分析ツールであるGFSを利用して会社の業務を分析し、
      組織と仕事の流れの変えるべきところを特定します
    2. 組織の改善点や効率化を図るための会計面はもとより、業務全般のIT化の方法を提案します
    3. 月次決算レベルで改善を指導し、ゴールをめざします

  • 2. スモールビジネスであることに誇りを持つこと

  • 事業には人、もの、金に加えて情報が現代の4資源といわれています。
    スモールビジネスが規模からも大会社と見劣りすることは否定しませんが、
    夢としっかりとした哲学(ミッション)を持てば成長と発展が期待できます。
    スモールビジネスの業界にもITの流れは加速しています。
    経営者自身がスモールビジネスに誇りを持って、
    ITに強い会計事務所と一緒に夢に挑戦して行きたいと思います。

  • 3. 納税に公平なこと

  • 事業は、適正な利益を獲得することが経営の基本です。
    また、会社の税務申告は経営者の最大の関心事の一つです。
    できる限り節税を図ることは重要なことですが、あくまで法人税法等の遵守を前提にしています。
    会計事務所は、常に新しい税務知識を吸収しています。
    また、社会保険や会計・税務の関連業務も重要です。

  • 1. 常に新しい税務や関連業務知識を持って会社を指導し、
      会社の税務面などからも信頼ある会社をめざします
    2. 月次決算を指導する課程で、最終の納税や納付が適切で、
      会社にとってもできる限り少なくなるよう検討します

pagetop